KUBOTA STYLE

家族の健康を守るための確かな性能と無垢材中心のやさしい空間

主要な構造材には国産の木材を使っています。

フローリングは無垢材が標準です。

ナラ、ヒノキ、栗、サクラ・・・木によって表情や肌触りもさまざま。
傷や経年による色の変化も楽しんで頂けたらと思います。

自社大工による造作家具

お住まいになるご家族に合わせた造り付け家具やイス、テレビ台などご提案致します。
家づくりの記念にご家族で塗装することもできます。

窓には庇(ひさし)を付けます

昔ながらの家づくりにこだわり、窓には庇を施工するのがKUBOTAスタイル。
窓や外壁を守り、家を守ります。
庇は長持ちする家にするために大切な役割を担っています。

家族の健康を守る「FPの家」

寒くない家にこだわってたどり着いた「FPの家」に取り組んで26年。
105㎜の柱の間に105㎜の腐らない断熱材をぴったりはめる。
シンプルかつ強固な構造、確かな性能で家族の健康を守ります。

KUBOTAスタイル

  • 「FPウレタン断熱パネル」を床、壁に施工
  • 天井はブローイング断熱
  • 小屋裏には遮熱シートを施工。夏場、屋根から侵入する熱を防ぎます。
  • 1棟、1棟性能報告書を作成し、家の性能を明示しています。

健康な住まいの3つの条件

  • 高断熱
  • 高気密
  • 計画換気

それぞれに高精度で実現されてこそ真の効果を発揮します。

高断熱

冬場一定以上の室温を保つことはヒートショックが原因となる家庭内事故を防ぎ、寒いというストレスからも解消されます。標準仕様で低炭素住宅の認定(対象地域の場合)を取得ができ、ローン減税枠が拡充されます。

「FPの家」の断熱力は4.37。全棟Q値(またはUA値)計算をして断熱性能を明示しています。

高気密

柱とパネルの取り合い部には気密テープ、サッシ廻りには防水テープ、配管で生じた穴にはウレタン断熱…現場での丁寧な気密施工により、当社の平均相当隙間面積C値は0.5c㎡/㎡。

全棟気密測定をしてからお引渡ししています。

計画換気

私たちの日常生活では多くの化学物質(ドライクリーニングの衣類、防虫剤など)が家の中に入ってきます。計画換気がきちんと機能していることによってシックハウスや結露の原因を減少させます。お引渡し前には風量測定をし、換気が有効に機能しているか確認します。