搬入された廃家具類は、再利用を希望する方に、無料で引渡しを行っています。

使用済み乾電池と廃蛍光管の回収を行い、水銀・マンガン・ガラス等のリサイクルを専門業者に委託しています。

また、アルミニウム・銅線等の非鉄金属も再資源化をしています。

鉄くずは再資源化、可燃ごみはごみ焼却処理施設で焼却、不燃物は埋め立て処分しています。

この施設は、奥州市と金ケ崎町から搬入される各種の粗大ごみ・不燃性ごみを大型の破砕機で破砕処理し、鉄くず・可燃ごみ・不燃ごみの3種類に分別しています。

完成年月  昭和55年3月

 3分別方式

処理方式  衝撃・圧縮・せん断・摩砕・破砕方式

処理能力  50トン/5時間 1基

施設の概要

【施設の紹介】

粗大ごみ処理施設

【ごみピット&クレーン】
回収磁性物(鉄分)の積込み
トップページ
> 衛生センター > 粗大ごみ処理施設